古物商の許可をとるなら

古物商の許可とは?

古物営業法は、古物を扱う者が古物営業を行う際に、事前に許可を得させるシステムをとっています。
古物の売買、交換などを行う者をとくに「古物商」と呼んでおり、この場合に必要になるのが「古物商の許可」です。

取引される古物の中に窃盗の被害品等が混在するおそれがあることから、盗品等の売買の防止、被害品の早期発見により窃盗その他の犯罪を防止し、被害を迅速に回復することを目的として、このような制度がとられています。許可を得ずに古物営業を行った場合は、罰金等の不利益が科せられるほか、最悪懲役刑に科せられることもあります。

古物とは?

以下のような物品を古物と呼んでおり、13種類に分類されます。 ⇒ 古物の13種類の分類を確認する

 

  ・ 誰かが一度でも使用したことのある物品
  ・ 未使用品でも使用のために取引されたことのある物品
  ・ 上記2つの物品に少しメンテナンスを施した物品

 

許可が必要な場合・不要な場合

許可が必要

古物を買い取って売る。 
古物を買い取って修理等して売る。
古物を買い取って使える部品等を売る。
古物を買い取らないで、売った後に手数料を貰う委託売買。 
古物を別の物と交換する。
古物を買い取ってレンタルする。
国内で買った古物を国外に輸出して売る。
上記のことをネット上で行う。 

リサイクルショップ、金券ショップ、中古車販売業、
アンティークショップ、古本屋、
中古CD・ゲームショップ  など

 

許可が不要

自分の物(自分で使っていた物や使うために買ったが未使用の物)を売る。 
※最初から転売目的で購入した物の場合は許可必要。 
自分の物をオークションサイトに出品する。
無償でもらった物を売る。 
相手から手数料等を取って回収した物を売る。 
自分が売った相手から売った物を買い戻す。 
自分が海外で買ってきたものを売る。 
※他の輸入業者が輸入したものを国内で買って売る場合は許可必要。 

友人・知人に中古品を売る、
時々オークションで自分の物を販売する、
自分が海外で買い付けてきた物を売る など 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/db5351a6281983


トップページ 事務所概要 報酬額一覧 古物商許可 産業廃棄物許可 小型家電リサイクル認定