古物商の許可をとるなら

ネット販売・オークションサイトでの出店については届出が必要!

自身でホームページを開設して営業を行う場合や、オークションサイトにストアを出店する場合には、開設等から2週間以内にURLの届出が必要です。届出はホームページを開設してから行います。

 

会社や個人のホームページなどで古物についての情報を記載しない場合や、オークションサイトに1点ずつ出品する場合は、届出は不要です。
なお、URLを変更した場合や閉鎖した場合も届出が必要です。

届出の要否をチェック

必要

・自分自身もしくは自社のHPを開設し、そこで古物の紹介・販売・買取など古物営業を行う場合。
・オークションサイトなど他のサイト内でページの割り当てを受け、そこで古物営業を行う場合。

不要

・単発でオークションサイトに出品したり、入札したりする場合。
・自分自身もしくは自社のHPを開設しているものの、他に事業を行っているなどの理由から、古物の紹介・販売・買取など古物営業に関する記載が一切ない場合。
・自分自身もしくは自社のHPを開設しているものの、単に営業所の場所のお知らせや広告のみで、非対面取引による売買を行わず、対面取引のみであることを明示している場合。

 

※ 届出が必要かどうかはケースバイケースになりますので、詳しくはお問い合せください。

届出の際の提出書類

@ 変更届出書
A プロバイダ等からのドメイン割当通知書等の写し

 

変更届出書

別記様式第5号その1(ア)

書類(PDF)

書類記入例(PDF)

別記様式第5号その3

書類(PDF)

添付書類

以下の@またはAの書類を提出します。

@プロバイダ等から郵送・FAXで送付されてきた書面
「登録者名」「ドメイン」「発行元(プロバイダ名)」の3点が確認できる書面を提出します。なお、この書面は、郵送かFAX送信されたものに限ります。メールや、ネットで取得した際の画面印字だけのものは認められません。
【例】プロバイダから送付された登録完了のお知らせ、開通通知、設定通知書、ユーザー証明書、ドメイン取得証など

 

Aドメイン検索、WHOIS検索の結果を印刷したもの
 ドメイン取得サービスを行っているサイトでは、そのドメインがすでに登録済みか否か、登録者が誰かを検索できる「ドメイン検索」「Whois検索」画面(ドメイン取得サイトのドメイン情報や管理画面とは異なりますので注意してください)があります。
 この検索機能で、届け出るURLのドメインを検索し、その検索結果に、ご自身の名前や名称があれば、その画面をプリントアウトして提出します。

疎明資料

(URLの登録者が第三者(家族、他社、社員など)の場合)

 

家族の名前や担当社員の名前で登録しているなど、古物商許可権者ではない者にURLの使用権限がある場合、当該登録者(家族や社員)から「当該ドメインを古物許可者に貸し与えている」旨の内容のURL使用承諾書の提出が必要です。

 

見本(個人)

見本(法人)

見本(社員)

 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/db5351a6281983


トップページ 事務所概要 報酬額一覧 古物商許可 産業廃棄物許可 小型家電リサイクル認定